ピアノで元気いっぱい♪

pianolove.exblog.jp

音楽や日常に対して、思ったことを徒然に♪

第8回 音と光の祭典 子ども神楽編♪

9月28日(土)は、宮崎兄弟生家で、宮崎兄弟生家開館20周年記念事業と音と光の祭典がありました♪

そう、今年は宮崎兄弟生家が開館して20周年!!!

というわけで、今回の音と光の祭典は、記念事業とのコラボレーションで開催されました^^

開館20周年記念事業の御来賓は50名くらいと聞いてはいましたが、「県知事が来られるかもしれない」くらいの情報しかなく、それでも緊張なのに、リハーサルの前に、椅子に貼ってあるお名前を見ていたら、新聞とかで見たことがあるお名前や、中国領事館の領事??とか、か~な~りのVIPが来られることになっていました!!!

子ども神楽は、開館20周年記念事業でもオープニングセレモニーで、初剣を披露させていただく役目もあり・・・・・・・・いやん、緊張~~~~~!!

10時からのリハーサルでは、慣れない場所での神楽のため、子どもたちの動きもぎこちなく。。。。
四剣にいたっては、途中で止まってしまうという・・・(-"-;A ...アセアセ
屋根の高さは、なるだけ前のほうで舞うことで、大丈夫だろうとなりました!^^

何とか、無事にご披露できますように、とどんなに祈ったことか。。。。^^;

開館20周年記念事業に出演する子たちは、12時集合にして、準備をしました。

12時40分にスタンバイという話でしたが、とにかく良いお天気で、暑くてステージで待つのはちょっと無理が・・・・
5分前くらいに、急いでステージに上がりました(^^;)

ステージと客席の配置の都合上、いつもと太鼓が反対の位置に・・・・
それでも、舞をした子が中学生の子だったので、何とか無事に失敗もなくご披露することが出来、ホッとしました!!

それよりなにより。。。私も、神楽笛でステージに上がりましたが、今回のステージがビニールの屋根付きだったためか、黒の靴下がすごく暑くなって、もう「暑い」じゃなくてジリジリと「熱い」そして「痛い」状態に><

きっと、ビニールがレンズのような役目をしているに違いないと、足を微妙にずらそうとしましたが、正座を崩すわけにもいかず、足の裏は・・・たとえて言うなら、熱したアイロンを足の指先に押し付けられてる感じ~~~( p_q)エ-ン

いや~、あんな痛い思いは、久しぶりでした@@;

それでも、子ども神楽を、みなさまにご披露できたことは、本当に良かったなと思いました!


音と光の祭典では、剣弓と四剣をご披露しました♪

どちらも、何とか無事に済み、四剣のほうでは、昨晩、もう一人の神楽笛奏者のM上さんと打ち合わせをした部分を入れることが出来て、それもちょうどよいタイミングだったので、私としては大満足でした(*^.^*)

来年の4月の春の例大祭の時には、もっと完璧な状態に出来るよう、神楽笛も頑張ろうと思いました☆

舞のほうは、もっともっと上手に舞えるよう、今後も練習をしていかないといけないと思いましたが、今回の音と光の祭典には、師匠もリハーサルから来てくださり、子どもたちにアドバイスをしてもらったので、とても心強かったです!!!

子ども神楽の披露の後、荒尾総合文化センターの創作ステージのPRにも参加しました♪

文化センターの方たちのところに行ったら、頭に「シロチドリ」の絵を被ることになり、PRの時に「私はシロチドリ。荒尾市の市の鳥です。」って自己紹介をしました(*≧m≦*)ププッ

こちらも、今から追い込みに入りますので、頑張ります!!!
(私、あまり役に立ってないけど^^;)


一小元気つくり委員会の方たちや、おやじの会の方たちが一生懸命にされていたので、今年も大賑わいの音と光の祭典でした♪

私も一小元気つくりのメンバーですが、ほとんど何もできずにいました・・・・(*- -)(*_ _)ペコリ


明日は、午前9時から後片付けがありますが、注連縄つくりとレッスンと・・夕方から楽団の予定もあるため、宮崎兄弟生家には行けませんm(_ _"m)ペコリ

明日も、頑張るぞっ!(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!






熊本県荒尾市のピアノ教室・出張レッスン
[PR]
by music-pianoforte | 2013-09-28 23:37 | 日記 | Comments(0)

音楽や日常に対して、思ったことを徒然に♪


by music-pianoforte